小麦粉とオーブンがある限りどこで暮らそうとも、パンを焼きます。

| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
ヨーグルト酵母で初マフィン 07:39
バレンタインデーなのでお菓子を作ってみました。
080214ヨーグルト酵母マフィン
なんでバレンタインデーなのにチョコじゃないかというと・・・
最初に仕込んだココア&チョコマフィンが大失敗したからです冷や汗
どれくらい発酵させたらいいのか分からず、ほったらかしにしていたら過発酵!
焼いたけれど、肌理は粗いし、食べられなくはないけどパサパサして美味しくない。
もう一度作ろうにもココアもチョコも切らしていたので、結局、普通のマフィンになってしまいましたショック
080214ヨーグルト酵母マフィン断面
断面はこんな感じ。
大きい気泡はチーズが溶けた部分です。
パンと違って、泡だて器でかきまぜるだけでできるし、発酵時間も短いし、気楽に作れるところがいいですね。
ベーキングパウダーで作ると表面がサクサクな感じになりますが、このマフィンはブリオッシュのような食感でした。

(配合)マフィン型9個分
Plain Flour 120g(アメリカならAll Purpose Flour、日本なら強力粉と薄力粉を1:1で)
ヨーグルト酵母種(粉:水分=1:1) 56g
卵 L寸1個(約60g)
牛乳 70g
バター 40g
砂糖 40g
エダムチーズ 70g(サイコロ状にカットしておく)
ピスタチオナッツ 適宜

(1) バターを電子レンジで溶かし、卵、牛乳、砂糖を加えて泡だて器で混ぜる。
(2) (1)の温度が人肌程度であるのを確認し、酵母を加えて泡だて器で混ぜる。
(3) (2)にふるいにかけたPlain Flourを加え、泡だて器でダマがなくなるまで混ぜる。
(4) ボウルにラップをかけ、2倍弱になるまで室温で発酵させる。(今回は約3時間)
(5) 2倍弱になった生地をボウルの底からゴムベラで数回混ぜてガス抜き。ここでチーズをざくっと混ぜる。
(6) (5)をマフィン型に6分目まで入れる(発酵するのであまり入れすぎないように。)
(7) 乾燥しないように気をつけ、型の8分目くらいになるまで室温で発酵させる。(今回は1時間半)
(8) 全体に霧吹きしてピスタチオをトッピングし、180℃で20分焼成。
・食事用マフィンにと思ったけど甘すぎ。砂糖は半分にしよう。
| ヨーグルト酵母種 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by むーみん -
スポンサーサイト 07:39
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://komugi-oven.jugem.jp/trackback/71
<< NEW | TOP | OLD>>